人工キャビア、「キャビアンヌ」って何?

テレビでも紹介されて話題になっているキャビアンヌ(ベルーガ)。多くの方が初耳で「キャビアンヌって何?」という状態でしょう。実は人工キャビアを指しているのです。人工キャビアは読んで字の如く、通常のチョウザメから採れる日ごろの食卓には無縁のセレブな高級食品ではなく、あくまでもキャビアに似せて製造されたもの。キャビアが100gあたり4万円ほどするのに対して、3千円弱で購入できるの大衆向けのお値段設定も嬉しいところ。でも一体何から人工キャビアが製造されているか気になりますよね。テレビでも製造工程が明かされていしたが、実はイカ墨から作られているのです!もちろんキャビアンヌはイカ墨の他にも、りんごやうに、カキなどの海藻成分などにより製造され、より本物のキャビアに近づく見た目や味、食感が追求され完成されています。そんな話題の人工キャビアの発祥の地、生産地は青森です。青森にあるホクユーフーズが生産していて、主にレストランやホテルなどに卸しています。しかし、現在はテレビのコマーシャルなどの効果により、インターネット通販(楽天など)でキャビアンヌを購入してお試しすることができます。

スポンサードリンク

青森の名物キャビアに?!ホクユーフーズ

画期的な人工キャビアは様々なメディアでピックアップされています。青森のホクユーフーズがキャビアンヌの生まれた場所。もともとキャビアはチョウザメ(ベルーガ)の卵で希少価値が高いため、高級食材として流通しているのですが、現在そのキャビアが採れるチョウザメ自体が絶滅寸前だという状態なのです。つまり、チョウザメの漁獲量が激減しているのです。こうなってくると憧れのキャビアを食する機会がますます減ってしまう!?そんな中生まれたのが青森の名物?おもしろ食材?となっているホクユーフーズの人工キャビア、キャビアンヌなのです。実際のキャビアンヌの特徴はというと・・・


 健康食材を利用!人工といっても体が喜ぶ人工キャビアです。

人工キャビアというと、天然のものではなく色々配合されて、美味しいうんぬんかんぬんの前に素材がちょっと・・・と気になる人も多いでしょう。中国産やら生産地の偽造事件が多く報道されているので一番知りたいことですよね。ホクユーフーズの人工キャビア「キャビアンヌ」は人口といっても天然の化学合成を使用しているわけではありません。素材のエキスはりんごや天然の海鮮成分、昆布なので、一言で「人工」といっても私たちの体に害がなく、むしろ体が喜ぶ健康食材というわけです。


 カロリーが通常キャビアのなんと7分の1!

キャビアンヌのポイントはカロリーが少ないところ。通常のキャビアの7分の1という数字は驚きですよね。カロリーが低い上に人工キャビアは通常のキャビアの生臭さを抑えて製造されていたり、免疫力を高めるイカ墨を始め、りんごから抽出した坑アレルゲン効果や整腸作用のあるペクチンなどからだに優しい素材を使用しているところは注目すべき部分です。


 家庭で高級食材を楽しめます。
キャビアって・・・なかなか食卓にはあがらないものですよね。そんなキャビアを食卓でリーズナブルな価格で楽しめてしまう人口キャビア「キャビアンヌ」は一度は試してみたい食材です。もの珍しさもありますが、「一体キャビアと比べてどんな味なのかな〜?」なんて、テレビで芸能人が試食をしているのを見ると気になって仕方なくなってしまいますよね。青森で生産されているホクユーフーズのキャビアンヌは現在、通販でも購入できます。在庫が切れている店舗もあるようです。珍しさもありますし、ちょっと体験してみたい家庭で味わえる、高級食材といえます。

人工キャビア、キャビアンヌのホントのとこ

りんごやイカ墨、ほたてにかき・・・こんな周りにある食材で食感や味、見た目も本物に近いキャビアになっているなんて・・・「キャビアンヌ」はなんだか気になる食材といえます。口コミで実際に人工キャビアを購入した人のレビューをチェックしてみると、意見はひとくちでまとめられません。「期待はずれ」「ちょっとためすにはいいかも」など人工キャビアの味に対する感想は様々でしょう。気軽に楽しめるという面では、おもしろいし珍しいかもしれません。ですが、実際のキャビアの味をよく知っている人にはNGということがいえそうですね。とにかく人工キャビアは日本市場ばかりではなく、その着眼点という意味でも世界に広がっていくかもしませんね!