タスポの即日発行キャンペーン

最近よく見かけるのが、駅で行われているタスポの即日発行キャンペーン。タスポカードなしではタバコを購入することができなくなり、喫煙者にとってタスポカードの発行は必須になっていますよね。 タスポは成人識別IDカードで、お申し込みが結構大変なので先延ばしにしている人も多いでしょう。通常、お申し込みには2週間ほどかかり、手続きとしてtaspo申込書への記入、運転免許証(仮運転免許は不可)、各種健康保険証、住民基本台帳カード、各種年金手帳、各種福祉手帳、外国人登録制度外国人登録証明書、住民票(写し)のいずれか1点のコピー、顔写真(縦45mm×横35mm・パスポートサイズ)の準備が必要になってきます。(※顔写真はモノクロ・デジカメでのプリントアウト可。)これらの資料をタスポ運営センターに郵送して、手続きは完了。でも、このタスポお申し込みプロセスはメンドクサイ!・・・ということで、最近駅でも見かけるタスポの即日発行キャンペーンは忙しくて、手続きを一気に終了してすぐにtaspoをゲットしたい人ぴったりのイベントです。タスポの即日発行キャンペーンは、日本たばこ協会の主催していて、駅や大都市のイベント会場などで開催していて、下記のようなメリットがあります。


無料で顔写真撮影 無料で本人確認書類のコピー 最短30〜1時間でタスポの即日発行

つまり、いつもお財布の中に本人確認書類を入れておけば、ちょっとした時間を使ってタスポを即日発行できる、というお得なキャンペーンなのです。タスポの公式ホームページに即日発行イベントの日程が掲載されているので、それをチェックして外出すると、「何かのついで」にお申し込み手続きが終了するので、お薦めです。タスポ公式ホームページへ

スポンサードリンク

タスポ紛失!再発行ってどうやるの?

タスポを持ち歩いていると、紛失してしまうこともあるでしょう。タスポは電子マネーでチャージができるので、紛失してしまうとお金もなくなっちゃう?!もし、紛失したことに早く気づけばお金は戻ってきます。つまり、紛失した段階でtaspoへ連絡し、その旨を伝えるとあなたのタスポカードは利用停止処理がかけられます。そしてチャージしていた残高分の金額は、新しいタスポカードへと移行することが可能です。また、紛失してしまうとカードの再発行が必要となり、その再発行手続き料に1,000円かかります。

タスポ即日発行と普及率

タスポ導入の初めは「普及するのかな?」と疑問に思う人もいたと思いますが、現在普及率は推計喫煙人口に対して27.3%で、全面導入とともにその普及率は上がっていくと予想されます。(※データは2008年7月のもの) 全面導入というと、駅やイベント会場での即日発行キャンペーンなど、喫煙者の方が申し込みやすい環境を整えることで、更にタスポカードは普及していくことでしょう。喫煙者にとっては、どんどん肩身が狭くなり大変な状況になっていくような・・・これでタバコを辞める人もいるとか!?